日本赤十字社茨城県支部乳児院ホームデイサービス事業(病後児保育事業)

デイサービス事業(病後児保育事業)

デイサービス事業(病後児保育事業)

保育所に子どもを預けて働く人にとって、お子さんの病気の時が一番困ります。風邪や下痢、感染症の病後など、お子さんは元気でも両親のどちらかが休んで看ることになるからです。こうした病気回復期のお子さんで、集団保育が困難な期間、日本赤十字社茨城県支部乳児院(乳児院)で一時的にお預かりし、看護師等が保育をいたします。【水戸市の委託事業です】

利用の仕方

内容 詳細
登録手続 事前に当院へお電話(TEL:029-240-3800)で来院日時をご連絡いただき、来院時に「病後児保育室児童票」を提出して、登録手続きを行っていただきます。
※登録手続きは1回のみです。(初回利用時でも可)
ご予約 登録完了後は、ご利用になりたい都度、当院へお電話いただき「お子さんのお名前、病状等」を伝えて予約をしてください。電話予約の受け付けは『ご利用前日の午前9時から午後5時まで』です。
※午前9時以降のご利用に限り、当日の受け付けも可能です。
※土・日も職員はおりますので、月曜日の予約は可能です。
※予約後のキャンセルはご遠慮ください。体調悪化によるキャンセルの場合は、ご利用時間の10分前までにご連絡ください。
ご利用・申請書の提出 ご利用当日には当院へ「水戸市病後児保育事業利用申請書」をご提出下さい。
※申請書は、利用の都度、提出が必要となります。
支払い お子さんを迎えの際に、その日の利用料を当院へ釣銭の無いようお支払い下さい。
※お迎えは、ご予約時間もしくは閉院時間の午後6時までにお願いします。
利用に要する書類等は、乳児院にございます。
※ダウンロードされる方は、こちらの書類名をクリックしてください。
「水戸市病後児保育事業(デイサービス)のしおり」(PDFファイル)
「病児保育室児童票」(PDFファイル)
「水戸市病後児保育事業利用申請書」 (PDFファイル)

利用できる児童

  1. 病気回復期である水戸市内の公立・私立の保育所に通園している乳幼児、又は、小学校3年生までの児童です。
  2. 上記の理由により集団保育が困難、又は、医師が病後児保育を必要と認めた児童です。
    ※感染症の恐れがあるので、一度その症状で病院に受診してからでないと利用出来ません。
  3. 上記以外の理由により、家庭保育が困難な状況にある児童です。

利用できる期間及び時間

原則として5日、平日(月~金)の午前8時から午後6時まで。※祝日や年末年始・お盆(13日~15日)はご利用いただけません。

利用定員

1日3名

利用料金

  • 1日:2,400円(平日:午前8時~午後6時)
  • 半日:1,200円(平日:午前8時~午後1時、午後1時~午後6時)

※生活保護世帯は無料です。

※釣銭の無いようお願いいたします。

利用できる病種

感冒、消化不良症、その他感染症であっても医師が利用可能と判断した場合は可。

※熱が38度以上あるなど、急性期の場合はお預かり出来ません。

※診断書は不要です。

持参するもの

  • 母子手帳
  • 健康保険証(コピー可)
  • 洋服の着替え1日分
  • 下着2~3枚
  • 紙おむつ・お尻拭き(使用の場合)
  • バスタオル1枚
  • タオル2枚
  • ビニール袋(汚物入れ)2枚
  • 薬(医師から処方されていた場合)
  • 好きなおもちゃ、絵本1~2個

食事(離乳・幼児・病児食、ミルク、おやつ、水分)は、当院でご用意いたします。⇒アレルギーがある場合はお伝え下さい。食べ慣れているものを持参されてもかまいません。

※持ち物には必ず名前を記入しておいて下さい。

来院の際の注意

当院は、防犯のため門扉は24時間閉まっています。来院の際は、インターホンで「デイサービス利用の○○です」とお伝え下さい。※駐車場は、表門を入って右側にあります。(前門は駐車禁止です。)

お問い合わせ

日本赤十字社茨城県支部乳児院
TEL:029-240-3800

水戸市教育委員会事務局幼児教育科
TEL:029-232-9243

このページの先頭へ戻る

Copyright © 2016-2017 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter Nursery, All rights reserved.